過払い請求?借金整理?私はどっち?

まずは、過払い請求や借金整理の仕組みを知っておきましょう。
そもそも過払い金というものが何なのか、減額って言葉がどういう意味なのか、借金整理って一体どういうことなのか、相談をする前に知っておきたいところですよね。

※法定金利(利息制限法)は15〜20%が正しい金利です。10万円以上、100万円未満が18%であり、多くの方がこの部分に当てはまるため、原則としまして、便宜18%と記載しています。この簡略に関しまして、当事務所では責任負いかねますのでご理解のほどお願い申し上げます。

過払いも減額も実は同じ法律の仕組みから発生するものだった!

簡単に『過払い金&借金減額が発生する仕組み』を、例を挙げ、順を追ってご説明していきます。

【背景】

ほんの数年前まで金利に関する法律は2つありました。
出資法という法律では29%ほどまでOKと言い、利息制限法という法律では原則18%(以下、18%と書きます)までしか金利は取ってはいけませんよと規定されていました。
これではキャッシングの金利を決める際、どちらを基準にしていいのかまったくわかりません。
でも、消費者金融や信販系会社等(以下、業者と書きます)は、当たり前ですが、自分たちに有利な法律を基準として考えます。そうです、出資法の方を基準に高金利で貸付を行っていました。
『どっちもちゃんとした法律なんだから、出資法の方を守っている私たちに問題はないはずだ!』、これが言い分ですね。
片方では29%ほどまで、片方では18%まで…非常にグレーですね…これがいわゆるグレーゾーンです!
ですが、ある日、業界を揺るがすほどの大事件が起きたのです。
ほんの数年前のことです、裁判所で大変な判決が出されました。
裁判所が『出資法で貸し付けるのはダメです。利息制限法の18%の方が正しい。過去に遡って取り過ぎた金利分を返しなさい!』と言ったのです。

業者に激震が走りました。これ以上の大事件は過去にもなかったことでしょう。
何せ『過去に遡って取り過ぎた金利分を返しなさい』と言われてしまったのです。
そして、判決が一つ出たというだけでなく、ほどなくしてきちんと法律として『利息制限法が正しい!』とされてしまいました。貸金業法改正というのがまさにそれです。

過去に遡って?取り過ぎた金利?それで一体借りていた側にはどんな影響が出るんだ?
その点をわかりやすく例を挙げて書いていきます!

【例】

貸金業法改正前の、いわゆる違法金利28%で、以前から、そして、今現在も借りている。
でも、判決&改正で言われているように過去に遡って金利は18%までしか取ってはいけなかった。

過去に遡ってとなっているということは、判決出たからそこから金利下げますねじゃ済まないということ。
取引開始から今まで、ずっと、18%までしか金利を取ってはいけなかったことになる。

ということは、ずっと28%として金利を払ってきたけど、本当は18%しか払わなくてよかったはずだ…
差額10%も多く支払っていた、その差額はどうなるんだろう…

その差額は本来元本返済に充てられるべきだった!
長い取引の中で多く余計に金利を払っていた分、毎月毎月元本が減っていたはずという計算になる。

例:50万円を28%で借りると毎月金利は約11,700円、18%で借りると7,500円、差額4,200円は本来元本返済として充てられ、借金はもうちょっと減っていたはずとなる。そうなると次の月の金利も元本が減っていたはずなのに少なくなりますよね?でも、高い金利を払っていた。払う必要のなかった金利(差額部分)は更に広がり、それは毎月毎月加速していく…
借金が雪だるま式に増えるという言葉の逆バージョンのような感覚ですね。

さて、金利を多く払い過ぎていた、そして、上記の例のように元本が減っていたはずだというのはわかったけれど…まだ目の前のATMの借金残高は高いままだ!

なぜだろう?

それは業者がまだ違法金利の金利で計算をした借金残高を表示し続けているからです。
ATMの借金残高は高いままでも、違法金利でキャッシング取引を何年もしていたのであれば、払い過ぎた金利の差額はあるはずです。
ただ業者がきちんと再計算をしていないだけで、目に見えないだけで、『本当の借金額』は違うはずなのです。

では、どうやってその再計算というのをすればいいんだろう?

通常は司法書士や弁護士に過払い請求や借金整理の依頼をし、取引履歴というものを取得してもらいます。
もちろん、個人にて業者へ連絡をすれば取引履歴を送ってくれます。

取引履歴というのは、だいたいA4用紙に日付、借りた?返した?、返済額、金利などなどがずらっと書かれたどういうふうな貸し借りをしていたのかの記録です。
ちょうど、銀行の通帳記入をイメージしていただくとイメージしやすいでしょう。

取引履歴が業者から送られてきたら専用ソフトに取引内容(日付・貸付額・返済額等)を入力していきます。
あとは文明の進化ですね、パソコンがきちっと再計算をしてくれるわけです。

業者の違法金利のままの取引履歴だと借金残高は高いままだが…
ちゃんと再計算ソフトで引き直し計算をすると…

借金が減った!もしくは過払い金が発生した!となるわけです。


でも、これだけじゃわかりにくいと思いますので50万円を借りて毎月2万円ずつ返し、かつ、毎月5千円ずつ借りていた例で、金利28%と18%の場合に分け、再計算結果を表にしてみます。

利息制限法で引きなおした再計算表
※上記はあくまで簡易化した計算式であり、過払利息は加味していません。

実際の計算例を見てイメージをつかみましょう。

返済1年目の吹き出しを見てください。
まだ1年目だというのに5万円も借金残高に差が出てきています。
それが返済2年目となると約11万円もの開きに…
どちらにせよ、違法金利で計算し続ける業者のATMでは左(28%)の高い借金残高が表示されています。
s
返済3年目、違法金利で払い続けていて、ATMではまだ30万円以上も借金はあるのに実際のところはもう借金は半分以下に…
このまま支払い続けるとなくなっちゃうのでは?借金0円になったらどうなるのだろう?

返済4年目の吹き出しを見てください。
さっき心配していたことが現実になっています。もう『本当の金利』ではマイナス表示!?
マイナス表示ということは多く払い過ぎということになります。
まさにこれが『過払い金』です!

もう当たり前のように見てきましたが、違法金利で借りている取引を再計算していくと返済毎に多く払い過ぎた金利差があるので元本が減っていましたね?そうです、これがよく専門家が普通に口にする『借金減額』です。
そして、返済4年目のところで見たように、多く払い過ぎたお金、これが『過払い金』!

『過払い金』は、『借金減額』が借金0円のラインを超えてもなお多く払い過ぎたお金、延長線のようなものだったんです。


さて、応用編とでも言いましょうか…
よく『完済後過払い請求』という言葉を聞きますね。これは何なのでしょうか。

上記の表の最後の吹き出しを見てください。
ちゃんと完済をしています!違法金利で金利を取られていたにも関わらず完済というのはすごいことだと思います。
でも、違法金利で完済=必ず過払い金発生、となります。

そこで過払い金をするぞという場合を、読んで字のごとく、『完済後過払い請求』というわけです。

借金整理をすれば減額や過払い金発生があるんだ!は、ちょっと待ってください!

なぜ過払い金が発生するのか、借金減額というものが起きるのかはここまでのご説明でわかっていただけたかと思います。
でも、『借金整理をすれば、必ず減額や過払い金発生がある』わけではありません。

1.違法金利というのは対象がキャッシング取引だけです→ショッピング取引は減額も過払い金発生もありません

2.そもそも違法金利でなくては減額も過払い金発生もありません
  ※当初から法定金利である18%(原則)以下でお借入をされていたような場合ですね
  ※銀行系や信販系会社は法定金利を守って貸付をしていたケースが多いようです

以上が、『よくわかる過払い金&借金減額の仕組み』のご説明となります!
わかりやすく書けたのではないか、ご理解していただけたのではないかと勝手に自信を持っていますが、いたらない説明も多いかと思いますので、ご不明な点やご不安なことがあればお気軽にご相談ください。